これまで何らかのジャンルに特化した専門的な勉強といえば、通学もしくは郵送を用いた通信教育、そして独学の3択でした。ですが、ネットを活用した指導など、今日ではより多くの選択肢が存在しています

自身の都合や生活サイクルに合わせて、よりきめ細やかな指導を仰げる、こうしたネットを活用した通信の人気が高まっていますが、この学習方法には実技面のレベルアップには不向きというデメリットがあります。

通信教育では問題や課題の回答を、受講者側が提出する作業も含まれますが、基本双方が一方通行です。机上の理論を知識として習得する上で、特にデメリットは感じられませんが、リアルタイムでの適切な指導やサポートが求められる、実技面の能力アップに関しては、やはり生身の指導者がそばに付く指導環境がベストです。これは、コンピューターの世界のCGグラフィックなどにも共通しています。

授業どれだけ充実した通信指導内容が手元にそろっていたとしても、やはり教室という空間で、より充実した機材と指導者がそろった環境の中、リアルタイムで質疑応答を重ねながらの学習には及びません。通学という学習スタイルには、時間の問題などクリアすべき点も見られますが、それを補うに十分なメリットが見過ごせません。