学校選択の重要性

専門学校で本格的に専門技術と知識を学ぶと決めたのであれば、次に通学先の選択という重要な作業が待っており、着目点を正しく踏まえた比較検討作業が欠かせません。

学校理想を言えば授業料の負担が少なく、通学に要する負担も軽く、授業内容や設備面が充実していればベストですが、これは非常に高いハードルです。自身の予算面やライフスタイルなど、いろいろな視点から候補となる専門学校を複数選び出し、その上で自身が譲れない優先順位に基づき、最終的に絞り込む流れでの決定がおすすめです

各専門学校が公的に配信する情報は、新規受講生を募集する目的である以上、デメリットを言葉にすることは基本ありません。ここで参考となるのが、いわゆる口コミ情報ですが、発信者が特定されない主観だけで語られる情報である以上、安易に鵜呑みにしてしまうことは禁物です。また、ネット上の情報だけでなく、実際に通学する以上、現地へ直接足を運んで確認することも大切です。立地条件や実際の建物、通学している学生の様子なども、授業の「質」を推察する上で着目すべきポイントです。

CGクリエイター志望者は、今後も増加傾向が予想されます。プロフェッショナルとして歩み出す最初の1歩となるのが、後悔しない専門学校の選択作業です。

通学で学ぶメリット

これまで何らかのジャンルに特化した専門的な勉強といえば、通学もしくは郵送を用いた通信教育、そして独学の3択でした。ですが、ネットを活用した指導など、今日ではより多くの選択肢が存在しています

自身の都合や生活サイクルに合わせて、よりきめ細やかな指導を仰げる、こうしたネットを活用した通信の人気が高まっていますが、この学習方法には実技面のレベルアップには不向きというデメリットがあります。

通信教育では問題や課題の回答を、受講者側が提出する作業も含まれますが、基本双方が一方通行です。机上の理論を知識として習得する上で、特にデメリットは感じられませんが、リアルタイムでの適切な指導やサポートが求められる、実技面の能力アップに関しては、やはり生身の指導者がそばに付く指導環境がベストです。これは、コンピューターの世界のCGグラフィックなどにも共通しています。

授業どれだけ充実した通信指導内容が手元にそろっていたとしても、やはり教室という空間で、より充実した機材と指導者がそろった環境の中、リアルタイムで質疑応答を重ねながらの学習には及びません。通学という学習スタイルには、時間の問題などクリアすべき点も見られますが、それを補うに十分なメリットが見過ごせません。

専門学校で学ぶ利点

各種専門学校には以前から、熱い視線が注がれ続けていました。短大卒に準じる学歴が得られる認可校に通学し、専門分野により特化した学習をすることで、幅広い分野に就職して活躍中の方々は数え切れません。何より机上の学習では体得できない、より専門的な技術や知識をマスターし、各分野のスペシャリストとして第一線での活躍を目指す方々にとっては、専門学校での学びは最短ルートかつこの上なく有意義です

そして1990年代に突入し、コンピューター関連の分野が飛躍的な進化と成長を遂げるに至り、専門学校は私たちが暮らす社会を担う、より優秀な人材を輩出する教育機関として、不可欠な存在となった歴史も、多くの方々がご存じの通りです。

パソコン自宅での独学や職場での実践「だけ」では、おのずと学びの限界が否めません。常に最新機器を用い、最新の知識とノウハウが実習を通じて学べる専門学校が担う役割は、年々大きく重要となっています。とりわけ常に高いニーズが見過ごせないCGクリエイターは、専門学校での実習が不可欠なジャンルの筆頭格と言えるでしょう。どれだけ関連知識に長けていたとしても、個人レベルでの興味から得た知識と技術だけでは、プロフェッショナルレベルとは言えません。

ここでは、CGクリエイターを目指す方々が、これから専門学校を選択するに際し、ぜひ踏まえておいていただきたいポイントに視点を合わせ、活用いただける情報を紹介します。未来に向けてのスタートラインに立つ際に、ベストな環境を確保できるよう、少しでもお役立ていただければ幸いです。

【参照リンク】専門学校:CGクリエイターコース